9月 6 2013

遺品整理の専門家

現代の日本では、ご存知のように高齢化や核家族化、あるいは核家族化を通り越して単身化が進んでいます。

孤独死などというさみしい言葉を耳にすることも増えました。

このような時代に、関心が寄せられている遺品整理という仕事があります。

遺品整理業がマスコミで取り上げられることも増えてきたとあって、需要の高まりも急速化したようです。

それにつれて遺品整理業の事業者数も年々増えているのだそうです。

以前は、遺品整理というと遺族の手で行われる儀式のようなものだったのが、現代ではいつのまにか、そこに赤の他人が入って生産的に効率的にとり行う一般的な業種になったかと思うと、なんだかさみしいような、物悲しいような複雑な気分にもなりますね。

ただ見方を変えてみると、新たな雇用機会の誕生というふうにも見えます。

遺品整理業という仕事は、今後20年は安定した需要が見込まれているそうです。

遺品整理に関する民間資格なども生まれ、こうしている間にも専門的知識を習得した遺品整理のプロが続々と輩出されているかと思うと、興味深い世界だと思いませんか?

Comments are closed.